【XIMAPEX】モンゴリアンとマウサーのメリットとデメリットを解説するよ

こんにちは!スペックです。

XIMAPEX買ってマウサーデビューをしたいものの、マウサーかモンゴリアンスタイルでいくか悩む方も多いのではないでしょうか。私自身色々試した結果キーボードプレイしていますが、モンゴリアンスタイルの方が成績は遥かに良かったです。

私の場合単純にパッドの操作に飽きてしまいキーボードカチカチしてるのが楽しいだけなのでキーボードに飽きたらそのうちモンゴリアンになるかもしれません。

本来マウサーもモンゴリアンも括りは一緒なんですが、今回の記事では左手のデバイスをキーボード(マウサー)とコントローラー(モンゴリアン)で分ける為に敢えて言い回しを変えています。

モンゴリアンとマウサーのメリットとデメリット

さて今回の記事は左手デバイスをキーボードでいくかモンゴリアンでいくか決めかねている方達の為に私が実際にそれぞれで感じたメリットデメリットを紹介していこうと思います。

モンゴリアンスタイル

モンゴリアンスタイルは左手にパッド、右手にマウスを使用しプレイするスタイルを指します。XIM4やXIMAPEXが普及してから一気に有名になりました。

モンゴリアンスタイルでのボタン配置に関する記事はこちら
【XIMAPEX】フォートナイトでのモンゴリアンおすすめボタン設定【マウサー】

モンゴリアンスタイルのメリット

パッドからの移行が簡単

モンゴリアンスタイルの最大のメリットは今まで慣れ親しんできたパッドをそのまま使用できる点です。特に移動を親指一つで賄える点が優秀です。

要するにマウス操作のみ覚えてしまえばスムーズにゲームをプレイする事が可能になります。私はキーボードを扱うPCゲーよりもコンソールでパッドを扱うゲームの方が得意なのでモンゴリアンスタイルは非常に扱いやすかったですね。

疲れにくい

他には疲れにくいのもメリットの一つです。理由としてはキーボード操作時の様に左手を固定しなくて良いので、椅子に深くもたれたりと崩した姿勢でも問題無く操作が可能な点です。

モンゴリアンスタイルのデメリット

続いてはモンゴリアンスタイルのデメリットについていくつか挙げていきたいと思います。

完璧な左手デバイスが無かった

モンゴリアンスタイルで最もデメリットに感じたのは完璧な左手用デバイスが無い事です。どれも一長一短といった所で完璧な物には未だ私も巡り会えていないのが正直な所です。

モンゴリアンスタイルでジョイコンを使用した記事はこちら
【XIMAPEX】脅威の11ボタン!!スイッチジョイコンが意外と強いぞ!!【モンゴリアン】

唯一完璧に近いかなと思ったのはスイッチのジョイコンですが、ちょっと小さい事、致命的にスティックの耐久性が低く貧弱な事、そのくせやたらと値段が高い事もあり【持ってたら使ってみて判断して】程度におすすめしています。

私の場合は純正のコントローラーを左手デバイスとして一番長く使用しましたが、ハッキリ言って使いにくいです。

左手のみで支えつつ操作を行うので不安定な為、コントローラーの右側をデスクに当てて安定させながら持ってプレイしました。これで多少は安定するのですが激しい打ち合いが続くと不安定さが相まって微妙にやりにくい事がありました。(特に建築!)

パッドもキーボードも使いにくくなる

今現在はXIMAPEXによりモンゴリアンプレイが可能になっていますが、なんらかの対処によりマウスが使用不可、もしくは新ハードでXIMAPEXの対応待ちとなった場合一時的もしくは永久にモンゴリアンスタイルでのプレイが出来なくなってしまう可能性があります。

そうなった場合おとなしくパッドでプレイするか直差しやPC版へ移行しマウスやキーボードを使用してプレイを行うといった選択肢がありますが、モンゴリアンスタイルのみに慣れてしまったプレイヤーはキーボードやパッドでの操作に適応するのが大変になる可能性があります。

実際に私は普段はパッドでゲームをプレイするのですが、マウスでしばらく遊んだ後にパッドに戻すと視点の動かし方がだいぶ変わるのでめちゃめちゃ違和感がありエイムもブレます。もちろん戦績にも影響が出てます。

マウサー(キーボード)

キーボードのキー配置に関する記事はこちら
【XIMAPEX】PS4版フォートナイトでのマウサーおすすめボタン配置【キーボード】

青軸キーボードK6のレビューはこちら
【マウサー必見】3000円以下の激安片手用キーボードK6を買ってみた【XIMAPEX】

キーボードのメリット

キー配置が自由

キーボードはキーが多く各キーに様々なボタンを割り振ることが可能な為、コントローラーの様にキーが足りなくて困るといった事にはなりません。そして自分が押しやすい位置にキーを割り当てられる為非常に使い勝手が良いです。

5本指で操作する

コントローラーは親指人差し指中指の3本、もしくは親指人差し指の2本での操作が一般的ですが、キーボードは全ての指を使い操作をするのでコントローラーよりも複雑な動きを素早く行うことが可能になります。

難しい操作が出来る

例えば屈伸撃ちといったしゃがみと立ちを繰り返しながら射撃する打ち方や、壁から横に飛び出して射撃する方法はパッドでは中々難しい操作になりますが、キーボードの場合は飛び出し打ちやしゃがみ撃ちが行いやすく非常に強力です。

キーボードのデメリット

指の疲労感

キーボードは慣れるまでがとにかく辛いですね。

慣れたと思っていても咄嗟の場面でミスが起きやすかったです。あとパッドでは使用しなかった薬指や小指を使うようになるので指がかなり疲れます。

カタカタうるさい

マウスのクリック音も結構音がなりますが、キーボードは更にうるさいですね。家族と同居している方は配慮が必要かも知れません。

特に青軸のキーボードはかなり音がでかいので、心配な方は赤軸のキーボードを買いましょう。

また、静音化リングを軸に取り付ける事で底打ちしたときの音を軽減する事が可能になり、キーのストローク量も短くなるのでタイピングのスピードも速くなります。

結局どっちがおすすめなの?

私が思うには今の状況と今後どうしたいかによってスタイルを決めていくのが良いと思います。

元々パッドを使用していて今すぐ敵を倒しまくってガンガン遊びたい場合はモンゴリアンスタイルで良いですし、FPSの経験自体があまりない場合はキーボードを使った方が良いと思います。

また、今はコンソールで練習して後々PCに移行したいなんて思っている場合はキーボードに慣れておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です