AmazonはPS5が先着順?こまめにチェックしよう!

【XIMAPEX】フォートナイトでのモンゴリアンおすすめボタン設定【マウサー】

こんにちは!スペックです。
XIMAPEXは左手の操作にキーボードだけでなくコントローラーやスイッチのジョイコンを使って操作する事が可能です。その操作方法はモンゴリアンスタイルとも呼ばれています。

モンゴリアンスタイルは左手操作がパッドなので元々コントローラーを使用していた人でも扱いやすい為、キーボードに比べて慣れるまでの時間が圧倒的に短い所、WASDでの移動でなくスティックを扱えることが最大のメリットです。

ただ、元々パッドを使用していた時の左手の操作をそのままモンゴリアンスタイルで使用してしまうと、少々不都合が出てくるので、その辺の開設を交えながらフォートナイトでのオススメボタン設定(モンゴリアンバージョン)を紹介します。

【XIMAPEX】フォートナイトでのモンゴリアンおすすめボタン設定【マウサー】

左手側(パッド)の設定

先述した通り左手で操作するパッド側の配置はほぼパッド操作で使用していた配置を割り当てて良いと思いますが、マウスに設置すると扱いにくいボタン、パッドだと扱いにくいボタンがありますのでそれを考慮して設定する必要があります。

また、左手で使用するコントローラーによってはボタンの数が少ない場合や扱いにくいボタンがあると思います。その場合はボタン数の多いマウスを使用し、マウス側に多めに割り振る事で解決します。

【2019年版】XIMAPEXで使えるマウスを徹底調査
↑XIMAPEXで使えるマウスはコチラでまとめてあるので参考にしてみてください。

ボタン動作(戦闘操作)動作(建築操作)初期配置
L1ジャンプジャンプ×
L2武器切り替え(左)階段L1
十字↑インベントリインベントリ十字↑
十字↓エモート/リプレイエモート/リプレイ十字↓
十字←マーカー設置マーカー設置無し
十字→スクワッド通信スクワッド通信十字→
タッチパッドマップマップタッチパッド
L3しゃがみしゃがみR3

この配置の特徴はL1にジャンプを設定している所です。マウス側に設定出来ない事はないですが、ジャンプはフォートナイトにおいてかなり多用する動作なので、マウス側に設定してしまうと右手だけかなり忙しくなってしまう為左手にしました。

L1とL3で迷ってL1を選択しましたが、理由としてはモンゴリアンスタイルではコントローラーを片手で持つ必要があり、どうしてもグリップが甘くなってL3が入力しにくい為、使用頻度の高いジャンプをL1にしました。

しゃがみは主に屈伸撃ちで使う事が多く、マウス側で射撃しつつしゃがみを行おうとすると配置の関係上、親指で操作できるボタンに配置する必要性があるのですが、親指でしゃがみを行いやすいボタンが余っていなかった為、L3に設定することになりました。

その他はそれ程大きな変更点は無いですが、マーカー設置は味方にアイテムの場所や敵の位置を知らせる際に便利なので十字左に設置しました。

マウスの設定

今回は私が使用しているマウスG502を使用しての設定方法となりますが、入力自体は全部で7ボタンなので7ボタンのマウスであれば同様の設定は可能です。

①~⑬まで番号が振ってありますが、これは入力できるボタンになります。③⑨⑩⑫⑬が中心に密集していますが、マウスホイールの各入力ヶ所を番号で表した為【③ホイールクリック】【⑨ホイール左ティルト】【⑩ホイール右ティルト】【⑫ホイール上スクロール】【⑬ホイール下スクロール】となっています。

ボタン動作(戦闘操作)動作(建築操作)動作(編集操作)初期設定
射撃選択R2
狙うリセットL1
武器切り替え(右)屋根無しR1
編集操作切り替え編集操作切り替え決定〇(長押し)
ツルハシツルハシ無し
リロード/インタラクトトラックピッカー/設置/インタラクト無し
⑨⑩モード切り替えモード切り替え無し

マウスの設定で一番悩んだのはモード切り替えです。現在使用しているマウスG502は人差し指と親指で操作するボタンが多く、本来であれば人差し指で操作できるボタンにモード切り替えを配置したいのですが、人差し指でモード切り替えを行ってしまうと即座に壁(①マウス左)の建築が出来ない為却下しました。

親指は編集に使う⑥のボタンから指を離したくないので選択肢から外しました。最終的にモード切り替えを配置したのは⑨⑩左右のティルトですが、理由としては人差し指か中指をホイールに向かってスライドするだけで入力でき、エイムや操作性を失うことなくモード移行を行える為です。

さいごに

今回ご紹介した設定は参考程度にお使い頂き、 使用するコントローラーによっては大きく設定も変わってくると思うのであとは自分好みにカスタマイズしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です