【AppleWatch】純正ソロループバンドとサードパーティ製ソロループバンドを比較してみた!【全然アリ】

こんにちは!

AppleWatchSeries6とセットで買ったソロループバンドですが、蒸れと湿疹によりほとんど付けていないまま早一か月…

ソロループバンドってPCでキーボード操作するときに全然邪魔にならないのでめちゃめちゃ気に入ってたんですが、痒いのは流石に無理っす。

でもやっぱり付けたい…

じゃあちょっとサイズがデカいソロループバンドを買えばいいか…

いやいや…納期一か月先ですやん…(確認時10月19日)

「サードパーティ製のステンレスバンド使い心地良かったしソロループバンドもサードパーティ製があれば買ってみるんだけどなーでもまだ発売されて間もないからあるわけないかー」(Amazonポチー

ありますねぇ!!
ぱっと見デザイン違うけどAmazonでレビューされている画像では純正と遜色ない感じでした。

てなわけで早速ポチって届いたので純正ソロループバンドとの比較レビューしていきます。

先に言っとくと、クオリティ高めなのでかなりおすすめ!

純正ソロループバンドとサードパーティ製ソロループバンドを比較してみた!

まずはサードパーティ製ソロループバンドをレビュー

さっそくパチもn……

サードパーティ製のバンドからみていきましょう。

サード製ソロループバンドはこのような感じで簡易的に送られてきました。段ボールのごみ増えなくてありがたい。

バンドはこんな感じ。
触った感じでは純正のソロループバンドとなんら変わりなくてちょっとビビる。

注文したのはMサイズです。
バンド自体にサイズが刻印されています。

バンドの留め具?銀色の部分がちょっとザラついている感じです。

さっそく取り付けてみました。

本物ですね。

全然純正と見た目が違わないんだけど…

寸法もピッタリです。

最近のパチモンのレベルがすごいですね。クオリティ高すぎる。

とはいえ純正と比較すると荒い部分も結構見えてくるので早速比較していきます。

純正ソロループバンドと比較してみた

それぞれを並べてみるとこんな感じですね。

マジで同じじゃん。

サイズは純正よりもちょっと大きめのサイズを狙ってたんですが、若干短かった。

私は手首をメジャーで測定して純正ソロループバンドを注文しました。
サイズは画像の通り⑥です。(Apple公式のバンド購入画面でチェックできます)

冒頭で銀色の部分がザラザラと書きましたが、やはりサードパーティ製のほうはサビっぽく見えるというか表面がぼこぼこしてますね。
一方で純正の銀色の部分は滑らかで綺麗。ここに金が掛かってるんですね。

2つを色々見てるうちにサードパティ製のバンドが若干薄っぺらいことに気づいたのでホビーノギスでそれぞれ測ってみました。

おもちゃなのでざっくりしか測れませんが
サード製がおおよそ2.8mm
純正がおおよそ3.0mm
という結果で、0.2mm程純正バンドのほうが厚みがありました。

たった0.2mmの差しかないのか…と思う方もいるかもしれませんが、触り比べると結構違います。

ただ、見た目では全くわかりません。

折角なので横幅も測ってみたところ、横幅はそこそこ差がありました。

サード製が21mm
純正が23mm

純正のほうがおおよそ2mm太いという結果になりました。

ただ、こちらも見た目だと判断付かないです。

さいごに

サードパーティ製のソロループバンドを買って比較してみた感想としては、全然ありだなと思いました。

厚みとか含め若干の違いはあるものの純正の約5分の1の価格で買えるとかコスパ良すぎですね。

薄く細いおかげでキーボード操作時は純正よりも快適かもしれません。

特に今は純正ソロループバンド自体が品薄且つ店頭でも地方はなかなか置いてない状況なのでとりあえず試しに買ってソロループの快適さを味わうのも良いと思います。

ただ、長さに関してはSLMの3種類のみの展開となっているので合わない方はまったく合わないかもしれません。

私は手首の周囲が18.0でMを選択しましたが、ほぼピッタリといった感じなのでLサイズだと間違いなくぶかぶかだと思います。

ぶかぶかだと使おうにも使えないのでSMLで迷った際は小さいほうに合わせたほうが無難です。

とにかく、PCで作業する方にはソロループバンドマジでおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です