【Logicool M575】トラックボールマウスは腱鞘炎対策になるのか?実際に買って1カ月使ってみた。【レビュー】

こんにちは!

何年も前から肘の腱鞘炎により定期的に痛む私ですが、最近は以前にも増してPCでの作業時間が増えた為肘に痛みが出る頻度が多くなってきました。

主にマウス操作が原因だと思います。マウス自体はRAZERのVIPER ULTIMATEという軽量の無線ゲーミングマウスを使ってますが、やはり普通のマウスはカーソルの移動時に持ち上げる動作が入るので、そういった小さな負担が肘に来ているんだと思います。

このままだと流石に仕事に支障出まくりなのでカーソル移動でマウスを持ち上げずに済むトラックボール式マウスを購入することにしました。

トラックボール式のマウスにも色々あって、手のひらで転がすタイプ、人差し指で転がすタイプ等があります。

・無線であること
・白色
・5千円前後
といった私が勝手に決めた条件に当てはまった中で気に入ったのがM575だけだったので購入してみました。

早速使用感を書きたい所ですが、まずは製品のレビューをしていきます。

Logicool M575レビュー

外箱はこんな感じですね。

梱包は厚紙が巻かれた感じになっているので破棄しやすいので良いですね。

裏面の蓋を外すと電池とドングルが出てきます。

紙を引き抜いてドングルをPCに取り付けてペアリングすれば使用可能となります。

安っぽい感じはないですが、シンプルで普段見慣れているゲーミング感は皆無です。

今までゲーム含めすべての用途で使用していたRAZERのViper Ultimateと並べてみた所、縦は一回り大きく横幅は1.5倍ほど大きくなってます。

腱鞘炎への効果は?約1カ月使ってみた感想

今回購入した親指で転がすタイプはトラックボール界隈ではあまり良い評価を受けていないようですが白系当のトラックボールマウスはかなり希少なので、最近ちょくちょく白デバイスを集めている私としては見逃せませんでした。

腱鞘炎が改善された

1カ月使ってみた感想としては、いままで定期的に発生していた肘の腱鞘炎がピタリと収まりました。これまでは一度症状が出ると3日~4日は収まらず、本業を含めすべての活動に支障が出ていたので非常に良かったです。

今までもブログやネットサーフィンの時は極力腱鞘炎になりにくいように肘置きに腕をおいて負担が掛からないようにしていたんですが

ポインタを動かす際にマウスを持ち上げる動作を省くことは出来ないので結果的にそれが肘への負担となっていたのだと思います。

操作はすぐに慣れた

操作に関しては最初はかなり使いにくく感じたんですが、2日目くらいからはポインタを動かす感覚にもだいぶ慣れてきてストレスなく現在まで操作できています。

親指操作だと細かい作業は難しいと言われますが、細かい作業の際は親指と人差し指の2本で操作するとかなり安定します。

その際は中指と薬指でボタンをクリックするようにすると人差し指の負担がかなり減るのでおすすめです。

むしろ最近は常にその持ち方になっているので親指だけで操作するのが難しく感じます。

腱鞘炎関係なくおすすめ

1カ月使ってみて思ったのは「もっと早く買っておけばよかった」ですね。

指だけ動かせば良いので本当に楽ですし通常のマウスをゲームで使っても違和感ないです。

そこは結構不思議なんですけど、マウスはマウスでも全く別のデバイスとして体は認識するんでしょうかね?

とくにエイムが不調になったりとかもないですし、腱鞘炎も起きないので今までよりも快適にゲームを楽しめてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です