【HyperX】PS4やスイッチで使えるコスパ最強ヘッドセットCloud Stinger Coreをレビュー【約5000円】

皆さんこんにちは!

未だに「フォートナイト」をプレイし続けている私ですが、最近はクリエイティブにこもってMIXAMPの設定を弄ったりヘッドセットの聞き比べを行っている事が多く、あまりバトロワモードをプレイ出来ていません(笑)

そんな私ですが、先日息子とフォートナイトのデュオをプレイしていた時、息子に貸しているヘッドセットのマイクノイズや音の途切れが酷いことに気付きました。使用しているヘッドセットは「SteelSeries 5Hv3」です。5年以上前に購入したヘッドセットでしたが、高音の鳴りや定位が良く「デバイスチート」と呼ばれる程素晴らしいヘッドセットでした。

画像は左が今回購入したCloud Stinger Coreで真ん中がゼンハイザーのHD598SR、右がSteelSeriesの5Hv3です。

元々5Hv3はマイクの質があまり良くはありませんでしたが、ノイズや音の途切れが出る程劣化してしまうとVCで相手に迷惑となりますし、何より上手く連携が取れなくなるので新しくヘッドセット「Cloud Stinger Core」を購入する事にしました。

PS4やスイッチで使えるコスパ最強ヘッドセットCloud Stinger Coreをレビュー

Cloud Stinger Coreを選んだ理由

まず最初にCloud Stinger Coreを選んだ理由についていくつか挙げると

  • 約5000円で買える低価格
  • 安いのに高音質
  • HyperX(キングストン)製なので高品質
  • とにかく軽いので子供でも付けやすい
  • イヤーパッドが柔らかいので耳が痛くない
  • PS4、スイッチで使用可能
  • マイクの質が同価格帯のヘッドセットと比べてかなり高音質

購入前に「Cloud Stinger Core」について得られた情報はこんな感じでした。この辺りを踏まえて製品のレビューをしていこうと思います。

外箱と中身

ヘッドセットはかなり簡易的な感じで入っていますが、衝撃自体はヘッドセットに加わらないようになっているので問題ないでしょう。こういった部分のコストカットを行う事でヘッドセット本体の価格を抑えられるんだと思います。

マイクは可動式

マイクを使用しないときは跳ね上げておく事で邪魔にならないようになっています。マイクの位置も細かく調整可能なので遠すぎず近すぎずの距離を保つことが可能です。

イヤークッションは柔らかいメッシュ素材

イヤークッションは柔らかい為、付けても耳が痛くなることはありませんでした。また、メッシュ素材なので通気性に優れ蒸れにくくなっています。耳を覆えるサイズなので遮音性も高くなっている所も良いですね。

スチールスライダーで調節可能

可動部分はスチール素材になっていて摩耗しにくくなっています。一度調整を行えばあまり動かさない部分ですが、使用後に箱に入れて収納する場合は都度畳む事が多い部分なので耐久性が高いのは非常にうれしいですね。

さりげなくロゴが入っている

ガッツリロゴが入るよりもこういったデザインは個人的に好みですね。

ボリューム調整とマイクのミュート機能

ボリュームはダイヤルを回す事で調整が可能です。マイクのON/OFFはスイッチで切り替え可能になっています。操作性に関しては可もなく不可も無くといった感じで普通です。無駄に角ばったりしていないのでコンパクトに収まっている分重さを感じない点は良いと思います。

音質について

まずはスイッチ版フォートナイトで試してみました。音質は若干低音が協調されていますが、足音の位置等はなかなか分かりやすく1万円前後のヘッドセットと比較しても変わらない印象を受けました。

続いてPS4版フォートナイトでも試しに使用してみましたが、スイッチ版同様に低音が協調されていました。足音も聞き取りやすく感じました。

マイクの音質について

マイクの音質はこれまでに使用していた5Hv3よりも良くなりました。ホワイトノイズが消えた影響が非常に大きいですが、声質自体も以前よりクリアに聞こえるので質はかなり向上したと思います。

MIXAMPと組み合わせてみた

私は普段HD598SRと組み合わせてMIXAMPを使用していますが、折角なので今回はCloud Stinger Coreと組み合わせて使用してみました。

イコライザー設定は特に変更せず使用しましたが、低音の若干ぼやけた感じが解消されたのと、中音から高音にかけての音もメリハリがついて非常に聞き取りやすくなりました。

うん。やっぱりMIXAMP凄いわ。万能すぎる。

【ゲーミングアンプ】新型ASTRO MixAmp Pro TRが発売!!【レビュー】

Cloud Stinger Coreの良かった所

最後にCloud Stinger Coreの良かった所をいくつか紹介していこうと思います。

約5000円で買える低価格

元々貸していた「5Hv3」は1万+αで購入した物ですが、 今回は私用ではなく、子供へのプレゼントという事だったので5000円の予算でヘッドセットを探しました。

5000円前後のヘッドセットの中でも評判が良かったのがCloud Stinger Coreでした。HyperX(キングストン)のヘッドセットは過去に何度か量販店で音を聞いて音質が良かった事も記憶にあったので安心感は高かったですね。

安いのに高音質

5000円以下のヘッドセットは低価格な部類に入ります。見た目、マイク、音質、装着感、全てを満たそうとしてもコスト的な問題が生じるからです。Cloud Stinger Coreが優れているポイントは「必要な部分」を重要視して作られている所です。

軽いは正義

子供用に使用するヘッドセットなので、重い物は避けたいと思ってました。Amazonによくある低価格ヘッドセットはLEDが仕込まれていたり、無駄にゴツゴツしたデザインの為実はかなり重いです。500gとか普通にありますよ。500gともなると普通に重いので首に負担が掛かるので子供には結構な負担が掛かります。

その点Cloud Stinger Coreは中身にちゃんとドライバーとか入ってるか心配になる程軽く付け心地も悪くない為、小学生などのおこさんにプレゼントするのにピッタリなヘッドセットだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です