【4Kは不要?】PS5の120FPSに対応できるおすすめの144Hzゲーミングモニターまとめ

PS5に関する情報が次々と出てくる中、とうとうPS5が120FPSにまで対応するといった情報が関係者よりリークされました!

PS4では60FPSだったので差は歴然と言えるでしょう。これを聞いて購入を決意した方も多いんじゃないでしょうか。

ちなみにFPSというのはFrames Per Secondの略で動画の1秒間のコマ数を表しています。30FPSなら1秒間に30コマ60FPSなら1秒間に60コマという事になります。

動画を見て頂けると分かると思いますが、数字が大きくなればなるほど動きが滑らかになります。60FPSでもかなり滑らかなんですがPS5はこれの2倍の120FPSに対応します。

PS5の120FPSに対応した144Hzゲーミングモニターは?

120FPSに対応できる144Hzのモニターを選ぶ

PS5が120FPSに対応していたとしてもモニターが対応していないと意味がありません。

モニターで扱われるHz(ヘルツ)というのはリフレッシュレートと呼ばれ、1秒間に画面を何回更新できるかを表しています。フレームレート(FPS)と同様に30Hzなら1秒間に30回60Hzなら1秒間に60回更新する事が可能という事です。

要するにPS5で1秒間に120コマのゲームを出力してもモニターが1秒間に60回しか更新出来い場合、120FPSの意味が無いという事になります。これは非常に勿体ないですよね。

なのでPS5で使用するモニターは120Hz以上のモニターが望ましいと言えるでしょう。

低遅延

下の動画は入力遅延に関しての比較動画になります。
かなり参考になるので目を通してみてください。

モニター選びには応答速度も重要です。
応答速度は入力されてから表示されるまでの時間を示していて、単位が大きくなるほど表示されるまでの時間が遅くなるという事になります。

4ms程度のモニターだと明らかに表示が遅れるので違和感が凄いです。
購入する目安としては1ms程度の物を選んでおけばストレスなくプレイできるでしょう。

高解像度と高リフレッシュレートどちらを優先するべき?4Kはどうなの?

解像度が高ければその分敵の視認性や映像の滑らかさが向上するためPS5での性能を大きく活かすことが可能です。リフレッシュレート同様に重要な要素ですね。

しかし、24インチWQHDや27インチ4Kモニターは基本的に60Hzのモニターがほとんどで、それらの解像度においては120Hz以上の高リフレッシュレートのモニターは殆ど存在しないのが現状です。

理由としては技術的な問題で値段が跳ね上がる為とそもそもそんなに需要が無いといった所でしょうか。

PS5なら高リフレッシュレート優先

上で説明した通り、高画質と高リフレッシュレート両方を追うのはあまり現実的ではありません。

では高リフレッシュレートと高解像度どちらを優先するべきなのか?ですが、私としては折角PS5が120FPSに対応しているのだから、モニターは最低でも120Hzにするべきだと考えています。

静止画のみで遊ぶゲームなら120FPSを出力できるPS5に60Hzのモニターでも構いませんがゲームは基本的にゲームは動的な物なので出来る限り高いリフレッシュレートのモニターを選択する事が望ましいと思います。

競技としてFPSをするなら24インチフルHDがおすすめ

ゲームの大会で使用されるモニターは24インチです。27インチのモニターだと画面の端まで見渡すのが難しいとも言われていますが、実際には27インチフルHDの場合は画質の荒さが目立ったり、WQHDにしてしまうとコスト面で負担となるのが大きな要因ではないかと思います。

大会にでたりする為にFPSを本格的にプレイする場合は24インチのモニターを選択しましょう。

一応24インチにはWQHDで120Hz以上のモニターも存在しますが、かなりニッチな商品な商品ですし個人的にはWQHDが欲しいなら素直に27インチにするべきだと思います。

様々なジャンルのゲームをプレイしたいなら27インチWQHD(2560×1440)がベスト

PS5やPCでも使う、RPGやアクションゲームなど様々なジャンルのゲームをプレイしたいのであれば、27インチのWQHD(2560×1440)がおすすめです。

24インチフルHDと比較すると当然値段は跳ね上がりますが、27インチのモニターでPS5の性能を存分に引き出すには120Hz以上でWQHD(2560×1440)がベストだと思います。

その他モニター選びで重要なポイント

モニターを選ぶポイントとしてはその他にも考慮すべき点がいくつかあります。

複数のHDMIポートがあると便利

HDMIポートが複数あるとゲーム機を切り替えたりその他の機器を使用する場合にその都度HDMIケーブルの差し替えを行う必要がないので、無駄な手間を省けます。今は必要無くても何れは使う可能性もありますのであらかじめ2つ以上HDMIポートが付いている物を選択しましょう。

モニターアームの取り付けが可能かどうか

モニターによっては角度を90切り替えられるスタンドが付属する物などスタンドが高性能な物もあります。ただ、スタンドタイプはモニターアームに比べて自由度が低いデメリットがあるので、モニターアームを取り付けるかどうかは事前に決めておく事が大切です。

安価なモニターはモニターアームの取り付けが出来ないモデルが非常に多いです。特にデュアルモニターにしたい場合や高さの調整を豆に行う方は必ずチェックするようにしましょう。

PS5用モニターの選び方まとめ

PS5用モニターの選び方まとめ
  • リフレッシュレートは144Hz以上
  • 低遅延(1ms以下)
  • 27インチならWQHDの高解像度がおすすめ
  • 24インチならフルHDでOK
  • FPSをプレイするなら24インチがおすすめ
  • 27インチ4Kで120Hzは無理(色んな意味で)
  • HDMIポートはできれば2つ欲しい
  • モニターアームが取り付けられるか

迷ったならプロゲーマーに最も使われているモニターを買うのもあり

【Amazon.co.jp限定】ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR-J 0.5ms 165Hz スリムベゼル G-SYNC Compatible FreeSync HDMI DP 高さ調整 縦横回転 3年保証

このモニターはPCプロゲーマーを含む世界中のプロに最も使用されているASUSの24インチモニターの新モデルになります。
Amazonでの取り扱い開始日が2019/11/5なのでかなり新しいモニターです。

値段は非常に安価ながら高いリフレッシュレートが魅力で応答速度は0.5msと非常に優秀。

PCプロゲーマーに選ばれるというだけあってFPS等の素早い反応を求められるゲームに適しているので、サイズは24.5インチ、解像度はフルHDとなります。

ベゼル(画面のフチ)が狭い部分も好評でモニターを2つ並べて使用する際にも違和感なく置くことが可能です。

HDMIポートが1つと音質が悪い点がマイナスポイントですが、値段が安いので仕方ないですね。

それとPCモニターに音質を期待すること自体ナンセンス。別途スピーカーを購入し対応しましょう。

対応VESA規格は100mm×100mmとなっていてモニターアームの取り付けも可能です。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2411P 24インチ /フルHD/144Hz/1ms/ブルーライト軽減

プロゲーマーのみならず一般の人にも認知度が高く使用率が増えているBenQ製のモニターです。

スタンドが独特で好みが分かれますが、縦や45°に傾けて使用する事が出来たりと、モニターアーム無しで自由度が高いです。

HDMI端子は120Hz対応なので、120FPSのPS5に対応可能です。

BenQ ゲーミングモニター ディスプレイ ZOWIE XL2430 24インチ/フルHD/144Hz/1ms

先ほど紹介したZOWIE XL2411Pの上位モデルがこのZOWIE XL2430です。モニター下に設置されたスイッチでFPSモードや格闘モード等、ゲームに合わせた設定を瞬時に切り替えられたりと、かなり利便性が高いです。

HDMIポートも2つあるので、複数のゲーム機を接続可能です。

Acer ゲーミングモニター KG251QHbmidpx 24.5インチ 144hz 0.6ms TN

0.6msといった超速応答速度+144Hzでありながら低価格をコスパが良いモニターです。小さめなモニターなのでフルHDでも綺麗な映像を楽しめる為、価格を抑えたいユーザー向けのモニターです。

Acer ゲーミングモニター VG271UPbmiipx 27型 IPS WQHD 144Hz

PS5に使える?Acer(エイサー)の27インチWQHDモニターをレビュー
↑購入&レビューしました!

先ほど同様にAcerのモニターですが、こちらはインチアップ&解像度も 2560×1440に上がっています。

パネルはIPSなので視野角が広い為、モニターを複数置きしていたり上下差がある設置方法を取っている場合TNパネルに比べて、遥かに見やすくなっています。

当然お値段は張りますが、PS5の性能に見合った高性能モニターです。

AOC ゲーミング モニター C27G1/11 (27インチ/144Hz/1ms/VA 曲面パネル/HDMI×2 DP×1)

144Hz!最近流行りの曲面!VAパネル!1ms!なモニターですが、比較的低価格なのでめっちゃコスパ良いです。

ただし解像度はフルHDなので高精細を求める際にはちょっと物足りないかも知れません。

23.6インチ27インチ31.5インチの3種類がラインナップされていて、27インチが最も人気です。

AOCのC27G1は近年徐々に認知度が高まってきている曲面パネルが採用されています。

曲面パネルは一般的な平面パネルに比べて画面の端まで見渡しやすいのでFPSやTPSといったゲームにおいて敵を発見しやすかったり、目を動かす量が減るので目が疲れにくくなるといったメリットがあります。

VAパネルはIPSパネルと比べると鮮やかさでは劣りますが、VAパネルは黒に深みがあり評判がいいです。

モニターアームもしっかり取り付け可能なので、レイアウトにも困らないでしょう。

Acer ゲーミングモニター XZ271Ubmijpphzx 27インチ/VA/非光沢/2560×1440/WQHD/250cd/1ms/144Hz/HDR(曲面パネル)

2つ前に紹介したAcerの27インチIPSパネル方式モニターです。

こちらはAOCのモニター同様に曲面パネルが採用されていますが、解像度が2560×1440のWQHDとなっています。

その他にもHDRにより鮮明に表示される等ゲームに非常に適したモニターとなっています。

本体その物の作りもかなりしっかりしていて前後左右のチルト機能だけでなく上下の高さ調節も可能となっていますが、仕様上デスクに奥行が無いと25cm程手前にモニターが来てしまうので、その場合はモニターアームで対処しましょう。 VESAマウント(100×100) が使用可能です。

そこそこなお値段ですが買う価値のある、値段に見合った高性能モニターです。

最後に

PS5は8Kまで対応とのことですが、27インチ前後のモニターならWQHDで十分かなと思っています。40インチ以上でやっと4Kでも良いかなといったレベルです。

もちろん27インチや30インチ前後での4Kモニターも最近発売されていますが、あまりゲームには適していないかなというのが現状です。

何度も言いますがPS5で使うモニターは120Hz以上の高リフレッシュレートの物がおすすめです。

8Kは60インチ以上の大画面でようやく意味を成して来る代物なので、モニター選びの際には8Kがどうこうというのは気にしなくて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です