ゲームで使える!コスパ最強開放型ヘッドホンHD598SRをレビュー

今回は私が以前から狙っていたゼンハイザーのHD599!と色違い&付属のケーブル違いのHD598SRを購入したのでレビューしていこうと思います。

なぜHD599にしなかったの?と思う方もいるかも知れませんが、

単純に598SRの方が7千円程安かったから

ただそれだけです。

先述していますがHD599はプリン色1.2m/3.5mmのリモコンマイク無しケーブル付属でHD598SRは黒色で1.2m/3.5mmのケーブルにリモコン機能付きマイクが付いています。

因みにHD598SRはAmazon限定商品です!

https://gaming-gadget.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_1953.jpg

性能同じなら安い方が良いよね。プリン色は個人的に好きだけど7000円払うなら7000円分のプリン食べたい。

※新たにHD599SEがAmazon限定販売として新たに発売されました!

基本性能はHD599と同じなので、HD598SRとも性能面で大差ないですが外観にメッキが施されたデザインとなっている為か重量は9g程599SEの方が重くなっています。

【ゼンハイザー】音質と実用性を兼ね備えた最高のゲーミングヘッドホンHD599SEレビュー

HDD599SEを新たに購入しました!

ゲームで使えるコスパ最強開放型ヘッドホンHD598SRをレビュー

外箱と中身はこんな感じ。ASTROの製品で目が肥えたせいか箱だけ比べると見劣りしますねw

ゼンハイザーHD598SRのスペック
  • 開放型
  • ゼンハイザーオリジナルトランスデューサー
  • 3m/6.3mmステレオプラグ
  • 1.2m/3.5mmマイク付きコントローラー搭載ケーブル
  • 周波数特性 : 12~38,500Hz
  • インピーダンス : 50Ω
  • 音圧レベル : 112dB
  • 質量 : 約246g(ケーブルは除く)

頭の部分はクッション性があり、装着時も違和感はないです。側圧はやや強めですが、こめかみを抑えてくる感じではないので長時間付けていても気になりませんでした。

イヤーパッドは非常に柔らかめでフィット感が良いですが、埃の吸着が激しそうなのでコロコロ必須か?!

ケーブルは着脱可能なので断線時はケーブルの取り換えのみでOK!有線ヘッドホンはケーブルの断線による不具合が多いので着脱式なのは非常に有難いですね。1.2mマイク&リモコン付きケーブルが気に入らない場合はリケーブルしちゃいましょう。

重量は245gでほぼスペック通りでした。かなり軽めなので長時間の使用に向いていますね。

ケーブル2種類+変換プラグが付属です。ナイロン製が良かったなぁと思いましたがどうせ家使いだしリケーブル出来るので良いでしょう!

ボタンになっています。iPhone接続時にクリックしてみた所、再生と停止の切り替えが可能でした。

ゼンハイザーの文字の横にある穴がマイクになっています。音質は悪くはない程度ですが、単一指向性ではないので生活音を拾います。

ヘッドセットと比べたヘッドホンの良い所

ヘッドセットにはマイクが付いていますがヘッドホンにはマイクが付いていない為、その分ヘッドホンは製造コストが安い+重量が軽いといったメリットがあります。HD598SRと同価格帯のヘッドセットを比べても音質でHD598SRに勝てる物は無いでしょう。

また、マイクに関してですが、音が良くマイクも良いヘッドセットって中々無いです。HD598SRを作っているゼンハイザーが発売しているゲーミングヘッドセットのGSP600なんかはマイクも高音質だったりしますが、そこそこ良いお値段します。

マイクに関してはUSB接続のマイクや4極端子を分配する等様々な方法で使用出来ますので、ヘッドホンとマイクをそれぞれ高品質でお気に入りなものを使用出来るメリットがあります。

またマイク、ヘッドホンのどちらかが壊れた際には片方だけの交換で済む点も非常に便利です。

Amazonで一番売れ筋のコンデンサマイクです。これ買えばPS4ですぐに使えて単一指向性なのでVC向き。値段が手ごろな割に音質もそこそこで評価も良く、ブレス音を抑えるポップガード付きもあるのでオススメです。

1週間使用した感想

とりあえず1週間主にゲームや音楽で使ってみたので感想を書いていきます。

開放型なので音質が超クリア!

流石はプリン(HD598)の後継機と言われるだけあって音質に関しては文句無しで全体的に非常に滑らか且つクリアでした。

低音中音高音どこを取ってもこもった感じは無かったです。オープン型は低音が抑えめになりがちなんですが、深めの音もしっかり鳴っていた所に驚きました。

開放型とは

オープンエアー型とも呼ばれる開放型のヘッドホンですが、密閉型のように耳を覆わない為解放感のある音を楽しむ事が可能です。音の例えとしては近くでスピーカーを鳴らすような感覚に似ています。

因みにですが、高級ヘッドホンと呼ばれる類のヘッドホンの多くは開放型が採用されています。

音漏れするけど……

逆に周囲の環境音も耳に入ってくるので、誰かに呼ばれた時や音量を小さくして誰かと話しながら音楽やゲームを楽しむ事も可能です。

密閉型でボイスチャットを行うと自分の声が聞こえないので話しにくいのですが、開放型は自分が話している声もしっかり聞こえるので、ボイスチャットを快適に行う事ができます。

ゲーム音声に関して(デュアルショック4直挿し)

インピーダンスが50Ωと低めなので、スマホでもしっかり鳴りました。同様にデュアルショック4へ直挿しでもしっかり鳴ったのでAMPやDAC無しでの使用は可能です。

ゲーム音声に関して(MIXAMP使用時)

全体的にマイルドな作りなのでFPSでの銃声や爆発音のような刺さる音は微妙かな?と思っていたんですが抜けがいいからか、聞き取りやすくて好みです。足音もしっかり拾ってくれて、上下同階の聞き分けもバッチリでした。

MIXAMPとの相性は?

MIXAMPとの相性はなかなか良いと思います。というかMIXAMPで調整掛けないと色々な音を拾い過ぎてしまって肝心な足音が聞こえにくくなります。

気になるHD598SRの評判

リスニングとしての使用で高評価、ゲーマーからも同様に高評価を得ていることが分かりますね。値段に触れていることからも、HD598SRの凄まじいコスパの良さが伝わってきますね。

ゲームにも使えるHD598SRはコスパ最強だった

音楽のみならずゲームでもFPSやアクションまで幅広く使えて、映画も楽しめる非常にコスパの良い商品だと感じました 。

同価格帯のヘッドホンと比べても抜き出た音質なのは間違いなく、本当に素晴らしいヘッドホンなので是非皆さんにおすすめしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です