純正とHORI製どっちがおすすめ?スイッチで使えるUSB有線マイクを比較してみた

https://gaming-gadget.com/wp-content/uploads/2019/07/komatta_man2-1.png

ジョイサウンドで使うマイクが1個だとデュエット出来ないし、一々マイク回すの面倒だなぁ

https://gaming-gadget.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_1953.jpg

じゃあ新しくもう一つ買おう。
そういえば有線タイプのマイクって純正とHORI製が出てるけどどっちがいいのかな?

最近カラオケ用兼検証用ということでに新たにUSBマイク(任天堂純正)を購入して実際にスイッチのカラオケジョイサウンドにて色々と試してみました。

先に結論から述べてしまうとオススメなのはHORI製のマイクなんですが、正直微妙な差なので純正でも問題無いです。※詳細は後ほど

まぁ値段もHORI製のマイクの方が安いので、HORI製が在庫切れなら純正を買うってスタンスで良いんじゃないでしょうか。
私がもし3本目を買うのならそうします(笑)

純正品には無線タイプが存在しますが、単三電池式なのでちょっと面倒臭いですね。収納時にコードがかさばらない点は魅力的ですが、それでも有線マイクの倍近い値段するので気が引けちゃいます。

純正とHORI製どっちがおすすめ?スイッチで使えるUSB有線マイクを比較してみた

それぞれのマイクの箱に記載された使用を以下に表しました。

任天堂純正
USBマイク
HORI製
USBマイク
マイク方式ムービングコイル型
ダイナミックマイク
ムービングコイル型
ダイナミックマイク
指向性単一指向性単一指向性
音声方式モノラルモノラル
外形寸法 φ59.4mm×214mm φ55×215mm
コードの長さ約4.8m約4m
質量約292g約240g

全体的な仕様は同じですが、コードの長さや質量に違いがあります。

マイク方式のダイナミックマイクというのは、電源が必要なコンデンサーマイクと比べて
・価格が安い
・湿度に強い
・丈夫
・感度が低い
というのが主な特徴となっていて、カラオケに使うマイクはダイナミックマイクの方が適しています。

高価なコンデンサーマイクも使えない事はないですが、環境音拾うし壊れやすいし湿気に弱いしでカラオケには不向きだと思います。

という事でカラオケに使うマイクは今回紹介しているようなダイナミックマイクをおすすめします!!

外観と質感の比較

左が純正で右がHORI製です。(サムネと逆でスミマセン)

大きさは純正の方が大きくカラオケ店にあるマイクとサイズ感が非常に似ていて大人は非常に握りやすいと思いますが、とにかく軽いのと質感がプラスチックっぽいのでおもちゃ感が強いです。

純正はスイッチにON OFF表記が無いですが、スイッチ周辺にくぼみがありHORI製のマイクよりもスイッチのONOFFはし易かったですね。

HORI製のマイクはデザインがスッキリしていてスイッチのロゴがカッコいいですね。コードの根本部分が断線しにくそうな作りになっている点も良いと思います。

純正
HORI製

マイクの重さはHORI製の方が15g重かったですね。重さ的には誤差ですが、HORI製のマイクは純正マイクと比べて一回り小さく先端に向かって太くなる作りの為か、持った時にマイクに重量感があって純正マイクよりも好みです。

純正
HORI製

コード込みの重さだと約50g純正の方が重くなります。

これは純正の方がケーブルの長さが80cm長い為で、純正マイク(292g)HORI製マイク(240g)それぞれの箱に記載されている重量はケーブルも含んだ重さになっているので注意しましょう。

ケーブルの長さ

純正が4.8mでHORI製が4mとなります。

我が家では60インチのTVで使用しても4mで十分でしたが、もっと大きいTVや大人数で離れてカラオケをする場合には出来るだけ長い方が良いかもしれません(それなら無線の方が良いか?)

事前にしっかりと座る位置からスイッチドックまでの長さを測っておくのがベストです!

音質について

音質はどちらも大差なく、カラオケで使用する分には十分な音質でした。ただ、どちらも感度は低めなのでそこそこ口に近づけるかちょっと大き目な声量で歌わないと音を拾いにくいので注意しましょう。

ちなみに私のPCに両方とも接続してみた所、HORI製のマイクはしっかり認識し音声の入力が可能でした。

しかし任天堂純正マイクはPCに認識はされるのですが音声をしっかり拾ってくれず録音する事が出来ませんでした。

調べてみた所HORI製のマイクはWindows10/8.1~8/7に対応している為、PCでも音声入力が可能だったようです。

気になった点

HORI製マイクはスイッチをONにすると即座に音声の入力を受け付けるんですが、任天堂純正マイクはスイッチをONにしてから入力を受け付けるまでに1秒程時間を要します。

個人的にストレスを感じる部分だったので、気になる方は気になるかもしれません。

無線式のマイクについて

純正マイクであれば無線仕様の物も販売されていますが、あれって充電式じゃなくて乾電池いれるタイプなんですよね…

私はいちいち電池入れて電池切れたら入れ替えて、使えなくなった電池を処分して…といった作業が死ぬほど嫌いなので無線式は見送りました。

ただ、無線式であれば子供がコードに足引っ掛けてカラオケが一時中断になったり、テーブルの上のコップにコードを引っ掛けてジュースがこぼれるといったハプニングに見舞われる事は無いでしょう。

https://gaming-gadget.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_1953.jpg

どちらも実体験です。(笑)

それでも電池入れ替えの手間や価格が割高な面を除けば無線式も非常に便利だと思うので、実際のカラオケ店のようにカラオケを楽しみたいというなら無線式をおすすめします。
あと、乾電池は充電式の方が良いですね。

純正とHORI製どっちがおすすめ?

スイッチ以外で使う事は無いのであればどちらでも良いと思いますが、値段自体がHORI製の方が安いのでHORI製の在庫があればHORI製で無ければ純正マイクを買うといった判断で良いと思います。

コードに長さが必要って場合は4.8mの純正を選択するか、USB延長ケーブルとHORI製の組み合わせで購入しても良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です