【AimControllers】フルカスタム可能なPS5用プロコンをレビューしていく!

こんにちは!

今回は、注文殺到で到着まで2ヵ月以上の期間を要するPS5用プロコントローラー『AimControllers』をレビューしていきたいと思います。

約3カ月ほど前にアップした記事で注文したと書いていたAimControllerがとうとう到着しました!先にレビュー動画をyoutubeにアップしているので今回はレビュー動画の内容そ紹介していく形で記事にしていこうと思います。

なのでじっくり見たい方は動画、サクッと見たい方はこのまま記事を見て頂ければと思います~

購入方法は以前の記事にて解説していますのでそちらを参考にしてください。

動画はこちら!

【AimControllers】フルカスタム可能なPS5用プロコンをレビューしていく!

AimControllersで購入したコントローラーはブランドが印刷された専用の箱に梱包されて届きました。

AimControllersは段ボールの中に専用の箱でしっかりと包まれているので海外からの輸送でも安心です。

SharQコントローラーは無地のダンボールに緩衝材も無く適当にコントローラー入れて送るク◯梱包だったので感動ですよ。

コントローラー見て初めて気づいたんですが、スティックが長い…OTL

AimControllers.com公式のカスタム画面で確認すると

PSスモール(デフォルトより2mm高い)

と追記されてますね。(私が購入した時はありませんでした。)

因みに私が購入したのはミディアムなんですが、なぜそれを選んだかと言うとミディアム=通常長さだと勝手に思っていた為です。

small、medium、highって並んでたらそりゃmedium選ぶでしょうが(‘ω’#)

smallはPSPのスティックみたいな感じだと勝手にイメージしてました(笑)

まぁそんなこんなで移動にしか使わない左スティックが異様に長くなってしまいましたが、届いてしまった物は仕方ない。このまま使う!

替えのスティックも1セット付いてきますが、コチラは元々付いていたスティックよりも1段階(2mm)長くなってます。なので

これを

こんな感じにやすりで削ってあげれば短くすることは可能です。
上の画像は画像そのものを加工しただけで実際にスティックを削ったわけではないのでご注意ください。

エイムリングは2つ重ねれば問題無く?扱えました。

追加でフリークを付けようとすると異様に長くなるので注意です。

地味に評価の良い猫キャップとかなら高さを上げずにスティックを保護できるのでおすすめです。

背面パドルはこんな感じでかなり存在感があります。

因みにAのマークが邪魔で純正の充電スタンドに収まりません(笑)

背面パドルの押し心地は柔らかめで私が所有しているプロコンだと

Void>SharQ>Aimの順に固い

Aimは背面パドルが柔らかい&指を乗せる配置なので力みやすい人は慣れるまで延々と誤爆すると思います。

あと動画見て頂ければ分かるんですが(8分20秒ぐらい)、L2のスイッチが不具合状態で届きました。

がちゃがちゃと動かしてたら馴染んだおかげか動くようになりましたが、万が一不良だったら送り返す必要があるので大変でした。

とりあえず現状はこんな感じですかね。

トータル的に見てですが、カスタム性はかなり高めでLR12全てスイッチ式&背面付けて約18000円と非常にお手頃な価格で買えるのが魅力です。

・スティックが純正ではない+smallでも純正より2mm高い
・背面パドルのクリック感が柔らかめ
・海外製

といった辺りが懸念されるポイントですね。

発売より日にちが経ってはいますがまだまだ注文から到着までは時間が掛かるようなので欲しい方は是非早めに注文しておくことをお勧めします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です