【フォートナイト】PS5とPS4は直挿しで遅延に差があるのか検証してみた

こんにちは!

PS5の発売直後のフォートナイトは120Hz未実装ということで60Hz環境のみでした。

しかし、PS5発売から約1カ月後の12月15日のアップデートにて120FPSへ対応となり、これまで60FPSでのプレイが限界だったCSユーザーでも気軽に120FPSにてプレイが可能になりました。

フォートナイトが120FPSに対応した時に最も気になったのが「直挿しでの操作性について」です。

PS5であっても60FPSの直挿しだと遅延が酷くPCのような快適な操作感を得ることはできませんでしたが、120FPSの環境であれば直挿し時の遅延は多少改善されると考えていたので実際に検証してみました。

動画版はこちらになりますので良かったら見てみてください。

【フォートナイト】PS5とPS4は直挿しで差があるのか検証してみた

等速のGIF画像を載せてみましたが、低FPS(15とか?)なので瞬間移動してるように見えますし遅延の判断付かないですね。。。動画版見てもらえば分かりますが、もっと滑らかに動いてますし遅延も感じないのが伝わると思います。

念のため検証で使用したハードとデバイスを一覧で記載しておきます。折角ならということでPC版フォートナイト(144FPS)も比較しました。

ハードフレームレート(FPS)
PS5120FPS
PS4pro60FPS
PC(ガレリアxf)144FPS
デバイス製品名
モニターBenQ EX2780Q
キーボードSteelSeries APEX PRO TKL
マウスRAZER VIPER ULTIMATE

モニターはBenQ製でWQHD/144Hz出力可能な物を使用しましたがPS5版フォートナイトでの出力時はフルHD/120FPSとなります。

キーボードはSteelSeriesのAPEX PRO TKLになります。
アクチュエーションポイント(キーを押し下げて反応する高さ)は0.4mmに設定しています。

マウスはRAZERのViper Ulthimateになります。FPSで使われる無線マウスではLogicoolのGPROの次点で人気が高いマウスですがドックに置いて充電が出来たりと、取り回しの良さではGPROを上回っています。

マウスで検証

PS5版フォートナイト/120FPSをマウス操作した際の動画のスロー再生部分をGIF画像化しました。

画像を見て分かる通りマウスを動かしたときとほぼ同時に画面が動いているのが分かると思います。

加速はありますが遅延が少ないので操作性は向上しました。

続いてPS4pro版でのマウス操作を行いました。

画像を見て頂ければわかると思いますが、明らかにマウスの動きに追従する形で画面が動いているのが分かるかと思います。

実際にプレイすると、この遅延に加速まで付いてくるので非常に操作し難いんです。これが原因でPS4版での直挿しはおすすめされていませんでした。

最後にPC版フォートナイト/144FPSをマウス操作した際のGIF画像をどうぞ。

GIF画像だとPS5版/120FPSとの差は感じ難いですが、実際に操作するとやはり差はあります。

とにかく遅延が皆無なのと加速が無いので非常に操作しやすく止めたい位置でピタッと止められます。この辺はフレームレートを上げればもう少し向上するでしょう。

キーボードで検証

続いてキーボードでもマウス同様の検証をおこないました。
画像のようにキーボードは入力してからワンテンポ遅れて反応しているのが分かりますね。

3パターンを並べて比較してみました。
PCがぶっちぎりで速いですが、PS5とPS4にもそれなりの差はあります

こういった差は1Boxでの張り替え等に大きく影響してくるので、大会に出るレベルを目指すとなるとPC一択なのは否めませんね。

検証結果

キーボードマウス共にPC>PS5>PS4proの順で遅延が少ないといった結果になりました。

本来はPS4とPS5の直挿しによる遅延の検証だったはずなんですけど、折角だしPCも測るかと思ってやったらPCがぶっちぎって速かったですね。

キーボードでの入力は結構な差があって実際に入力しててもPCが速いのはかなり実感できるんですが、PS5でのマウス操作に関してはPS4ほどの極端な遅れがないのでかなり違和感なく操作が可能でした。

まとめ

今回3つのハードにてフォートナイトをプレイしましたが、60FPSと120FPSの差はやはりデカいなと感じました。遅れ感が無いだけで本当に操作しやすくなります。

なので、これまでにPS4やスイッチでパッドで遊んでたけど、キーマウでの操作に興味があるという方は一度PS5の直挿しを試してみる価値はあるのかなと思います。

キーボードやマウスはコントローラーよりも耐久性は高いので一度買ってしまえばかなり長く使うことが可能です。

最近ではG703のようなコスパのよいワイヤレスゲーミングマウスや中華製の格安キーボードとマウスパッドを買えば1万円とちょっとで十分戦える環境は整います。

特にキーボードに関しては差が出にくいので最初のうちは安いので全然問題ないですし、基本的に有線で問題無いデバイスなので低価格でもそこそこの物が買えます。

とにかくお試しであれば最初は安いものを買っておいて本格的に移行していくなら徐々に揃えていくほうが個人的にはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です