PS5でおすすめなFPSフリークを解説するよ!【デュアルセンス】

こんにちは!

最近は付けるのが当たり前となってきたFPSフリークですが、PS5の純正コントローラーデュアルセンスはPS4の純正コントローラーよりも一回り大きくグリップ感も違うので今まで使っていたフリークが使いにくくなったと感じる方も少なくないようです。

今回は人気の高いFPSフリークを数種類購入してみたので実際にデュアルセンスに取り付けておすすめのフリークを紹介していきたいと思います。

関連記事

今回紹介しているFPSフリークやエイムリングを使うメリットに関しては下記の記事にて解説していますのでそちらも参考にしてみてください。
FPSフリークの効果とは?元世界1位が解説します【FPS Freek Vortex】
エイムリングの効果とは?元世界1位が徹底解説します
エイムリングとフリークを併用するメリットとデメリットを解説します

FPS Freek GALAXY(ギャラクシー)

初めてフリークを使う方に最もおすすめしたいフリークがKONTROL FREEK製のギャラクシーですね。

KONTROL FREEK製のフリークはとにかく爪の部分がガッチリしていてグラつきがなく簡単に外れる事がないのでおすすめです!

ギャラクシーは指を載せる部分は凹型になっています。高さの違う2種類のフリークが入っているので高さが合わない…といった事になりにくいです。

ギャラクシーの特徴はなんといっても圧倒的なグリップ力です
中心に向かって山型に凹凸があり外側は円を描くように溝があります。

一般的なフリークもグリップ力は十分にあるのですが、ギャラクシーは外側の溝があるおかげで軽く指を掛けるだけでエイムの微調整が可能だったり、手汗をかいても滑りにくいです。

持ち方との相性(ハイタイプ)

通常持ち…スティックとボタン間での指の移動時に指を引っかけやすいので慣れるまで注意が必要です。
通常持ちならヴォルテックスやインフェルノのほうが扱いやすいですが、背面ボタン付きのプロコンと組み合わせれば指の移動を減らせるので扱いやすくなります。
なのでプロコンとの相性は良いです。

モンハン持ち…グリップ力が高いのでスティックから指を離さないモンハン持ちとの相性が非常に良いです。

持ち方との相性(ミドルタイプ)

通常持ち…ハイタイプに比べて引っかけにくいので通常持ちでも扱いやすいです。手汗をかきやすくミドルタイプを探している方におすすめ。

モンハン持ち…やはりグリップ力が優秀なのでミドルタイプのフリークでモンハン持ちをするなら最もおすすめ。

FPS Freek VORTEX(ヴォルテックス)

私が一番リピートし続けているFPSフリークがこのヴォルテックスです。

FPSフリークが流行りだした時に有名になったのがこのヴォルテックスなので未だに根強い人気があります。

使い倒した物なので溝が消えてますし汚いですね。。。ww

そしてこちらも初めてFPSフリークを買う方におすすめです。

ギャラクシー同様にミドルとハイタイプの高さの物が1つずつ入っていて、ミドルタイプは凹型でハイタイプは凸型になっています。

私はミドルタイプを左に付け滑り止め兼スティック保護として使ってました。ハイタイプは右に付けて使用です。

ヴォルテックスのハイタイプは凸なのでスティックから指を離す際に指を引っかけにくいメリットがありますが、私はモンハン持ちでずっと使っていたのでそこに関しては特に意味はないです(笑)

ですが、凸型は指の腹で微調整しやすいので引っかけて動かす凹型に比べて細やかなエイムが可能なのとスティックからボタンへの移行時に指を引っかけにくいので通常持ちの方にも向いています。

持ち方との相性(ハイタイプ)

通常持ち…ハイタイプは凸型なのでボタンとスティックの移動をスムーズに行えるので相性が良いです。

モンハン持ち…エイムが安定しにくいモンハン持ちですが、凸型は細かなエイムがしやすく扱いやすいです。

持ち方との相性(ミドルタイプ)

通常持ち…ミドルタイプの凹型はギャラクシーよりも指の移動をしやすいので通常持ちと相性が良いです。

モンハン持ち…ギャラクシーのミドルと比べてグリップ力で劣ります。ギャラクシーの形状が合わない方はコチラを選択すると良いでしょう。

FPS Freek INFERNO(インフェルノ)

刺さる人にはモロに刺さるのがインフェルノです。

インフェルノはハイタイプ凹型で螺旋状の溝が入っています。

ヴォルテックスやギャラクシーのハイタイプで微妙に扱いにくく感じた方はこちらがおすすめ。

指がフリークにピッタリ収まるのでフィット感は強め。

全く同じ物が2つ入っているので刺さる人にとっては無駄なく使えるので非常にコスパが良いです。

見た目は個人的に一番好きですね。
エイムリングの130番ともピッタリ合います。

持ち方との相性(ハイタイプ)

通常持ち…シンプルに扱いやすくギャラクシーよりも指を移動しやすくヴォルテックスより移動しにくいといった感じです。

モンハン持ち…ギャラクシー程のグリップ力は無くヴォルテックスのような繊細なエイムはしにくいですがやはりコスパが良い点が魅力的。

プロフリークaka

前から気になっていた日本製のプロフリークakaも購入してみました!

このフリークは非常に画期的でスティックを任意の高さに調整することが可能となっています。


このようにネジが切られた軸に指を乗せる部分を取り付けてストッパーとの摩擦で固定する仕組みになっています。

指を乗せる部分はこのような凹型になっています。

今回購入したのは凹型のakaですが、もう一つ凸型のmidoriも販売されています。

これまでに紹介してきたフリークよりも一回り大きいですが、材質がちょっと固めなので滑りやすいです。

あとフリーク自体が若干グラつくのも気になりました。エイムに支障がでるほどのグラつきではないですが、スティックに取り付けた土台がクルっと回転してしまうんですよね…

なんでかなーと思って爪の部分を見てみた所、FPSフリークと比べて薄いことがわかりました。

取り付ける際にスティック自体に傷を付けにくいメリットもありますがグラつきのデメリットのほうが個人的には大きいかなと感じました。

ただ、スティックを倒し切った状態で押しても外れることは無かったのでその点は心配ないと思います。

総合的に見てプロフリークは非常に惜しい製品といった感じでしょうか。

土台のグラつきと指を乗せる部分の素材変更によるグリップ強化がされればかなり化けるんじゃないかな?高さを自在に変えられるのは唯一無二ですよね。

持ち方との相性

通常持ち…通常持ちは指を移動させることが多いので引っ掛かりにくいグリップのほうが扱いやすい方もいると思います。

モンハン持ち…基本指は乗せたままなのでグリップ力が乏しい点においては選ぶメリットは無いです。

ただ、モンハン持ちはスティックの高さで操作性が結構変わってくるのでFPSフリークでは高さが微妙に合わなかった方には丁度良いかもしれません。

さいごに

フリークは様々な物が販売されていますが、まだまだKONTROL FREEK一強といった感じなのは否めませんが、まだまだ気になっているフリークは沢山あるので少しずつ買い足しながら追記していきたいと思います!

なにか試して欲しいものがあればTwitterやコチラのコメント欄に書いて頂ければ買って試しますのでお気軽にどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です