【Voidコントローラー】超スマートな背面ボタン搭載のPS5用プロコンをレビュー

こんにちは!

今回は、待ちに待ったPS5用プロコン【Voidコントローラー】を入手することができたので早速レビューしていきたいと思います。

※Void Gaming様より提供していただきました。

Voidコントローラーは一見すると普通のデュアルセンスに見えますが、実はあの有名なスカフコントローラーに匹敵するほど高機能且つ最高なコントローラーなんです。

レビュー動画もアップしてますのでながら見したい方はこちらをどうぞ。

超スマートな背面ボタン搭載のPS5用プロコンをレビュー

それではVoidコントローラーに搭載されている機能を1つずつ見ていきましょう。

開封部分に関しては動画にて行っているので省略します。

基本的な部分はデュアルセンスのまま

Voidコントローラーは純正のデュアルセンスをベースに作られているので品質面での安心感はピカイチです。

質感等も当然デュアルセンスのままなのでデュアルセンスの質感が気に入っている方はVoidコントローラーが届いたその日から馴染めるでしょう。

スティックは特に海外製の激安コントローラーだと安定しないことが多いんですが、VoidコントローラーではそんなことはなくFPSでも安定してプレイできるでしょう。

機能その1:背面ボタンがグリップに付いている

Voidコントローラーはデュアルセンスに背面ボタンやタクティカルトリガー/バンパーを取り付けたタイプのプロコンなので耐久面において非常に安心感が大きいですね。

※タクティカルモデルには背面ボタンは付属しません

プロコンというとスカフコントローラーのように背面にでかいパドルが付いた物がイメージされやすいですが

このVoidコントローラーはグリップ部分に小さなボタンが埋め込まれたタイプのプロコントローラーとなります。(だがそれがいい)

なぜ良いのかというと握り込む位置にボタンが来るので指の位置を変えずにボタンを押せるからです。

上記のような一般的に普及している海外製にある背面パドル式プロコン(リンクはPS4用のスカフです)だと指を伸ばす必要があるので人によっては押しにくかったり、グリップ力が下がって握り辛かったりします。(特に手が小さい方)

クリック感は強め

背面ボタンのクリック感は結構強めになっています。

クリック音はカチカチっと大きめに鳴るので人によっては気になる方もいるかもしれません。ただ、クリック感が強いので誤入力し難いメリットもあります。

最大ボタン数は4つ

背面ボタンの最大設置可能数は4つとなっています。増設ボタンが2つでは足りない場合には4つを選択すると良いでしょう。

取り付け位置は2つ追加したボタンよりも下のほうに設置されます。

機能その2:リマップ機能

オプション追加にてリマップ機能を追加することで、背面ボタンの割り当てを変更することが可能となります。

リマッピングの手順

  1. L12R12を長押ししコントローラーのLEDが赤く光ればリマップモードへ移行します。
  2. 設定したい背面ボタンを長押しし、割り当てたいボタンを一度押します。(同時入力させたい場合は続けて割り当てたいボタンを押します)
  3. 入力したら背面ボタンを離して設定は完了です。

使用するゲームタイトルが固定で設定するボタンが決まっているならリマップ機能は無くても良いですが

・色々なゲームをプレイしたい
・まだ正確なボタン配置が決まっていない
・プロコンが初めて

という場合はリマップ機能を付けておいたほうが後悔はしないと思います。

ちなみにですが、プロコンが不要となりフリマサイト等で売却したいとなった場合はリマップ機能が付いていたほうが売値は高くなります。

機能その3:タクティカルトリガー/バンパー

Voidコントローラーはタクティカルトリガー/バンパー(スマートトリガー/デジタルトリガー)への変更が可能です。

※スタンダードモデルでタクティカルトリガー/バンパーへの変更はできません。

デュアルセンス(普通のトリガー)
Voidコントローラー(タクティカルトリガー)

FPSゲームでは一定の距離が離れた敵に対してタップ撃ち(指切り)という技術を用いて射撃を行うのが一般的です。

しかし通常のデュアルセンスでタップ撃ちをしようとすると押し込みの深さが災いして一定の間隔、安定した射撃が難しくなります。

タクティカルトリガーは通常のトリガーと比べて非常に押し込み量(ストローク)が浅いので速い連打が可能になり誤操作も起こりにくくなります。

変更することでマウスのようなクリック感&ストロークを非常に短くできるので対戦ゲームにおいて非常に優位に立ち回ることが可能になります。

背面ボタンばかり注目され、結構スルーされがちなタクティカルトリガー/バンパー(スマートトリガー)ですが、FPSにおいてかなり重要な機能ですので快適にFPSをプレイしたい方は是非検討してみてください。

機能その4:軽量化

Voidコントローラーは背面ボタンが付いているモデルでは全て振動モータが取り外されています。※後に仕様が変わる可能性あり

振動モーターが取り外されていることでコントローラー自体が約54g軽くなるので取り回しが非常によくなります。

デメリットとしては振動機能が使えなくなることですが、精密なスティックコントロールが要求されるFPSにおいて振動機能は邪魔以外の何物でもないので、主にFPSでプロコンを使用される方にとっては問題ないでしょう。

販売されているモデル

https://voidgaming.jp/
よりVoidコントローラーを販売しているVoid Gamingの公式サイトへ飛べます。

現在(2021年1月5日時点)Voidコントローラーは
・スタンダードモデル(背面ボタン追加)
・クリティカルモデル(バンパー/トリガー変更)
・エリートモデル(上記2つを組み合わせたモデル)
3モデルが現在展開されています。

スタンダードモデル

スタンダードモデルは
・背面ボタンの追加(2or4)
・リマップ機能の追加
・振動モーターの取り外し(執筆時点2020/01/05では取り除くのみ)
が可能なモデルとなっています。

最安でボタン2つ追加でリマップ機能無しの19800円となります。

クリティカルモデル

クリティカルモデルは
・バンパー(L1R1)をデジタルクリックへ変更
・トリガー(L2R2)をデジタルクリックへ変更
・振動モーターの取り外し
が可能なモデルとなっています。

最安はバンパーのみ変更の21,980円となります。(振動モーターの取り外しは無料)

エリートモデル

エリートモデルは
・背面ボタンの追加(2or4)
・リマップ機能の追加
・バンパー(L1R1)をデジタルクリックへ変更
・トリガー(L2R2)をデジタルクリックへ変更
・振動モーターの取り外し
が可能なモデルとなっています。

最安は背面ボタン2追加とクリティカルバンパーの変更で23,980円となります。(振動モーターの取り外しは無料)

送り込みサービス

通常販売されている3モデルの他に自分の所有しているデュアルセンスを送ってプロコンに改造してもらう『送り込みサービス』もあります。

送り込みサービスではエリートモデル同様に全ての機能を選択可能となっています。

最安は背面x2追加、クリティカルバンパーへの変更で14980円となりますが、別途送り込む際の元払い料が掛かる点に注意が必要です。(着払いは返送されます)

送り込みサービスは価格を抑えられることがメリットですが、送っている最中は手元にコントローラーが無くなる点がデメリットです。

別途PS4のコントローラーを所有していて、PS4のゲームタイトルもプレイしている方などはPS5のゲームタイトルが少ない今のうちに送り込みサービスを利用してしまうのも手ですね!

さいごに

今回は最新のPS5用プロコントローラーである「Voidコントローラー」のレビューをさせていただきました。

背面ボタンを販売するメーカーは徐々に増えてきてはいるものの、まだまだ需要に供給が追い付いていないのが現状です。

カスタムコントローラーを展開するメーカーは海外製が多い中、Voidコントローラーは日本製という点も大きなメリットとして挙げられますね。(海外製は初期不良等のトラブル対応が大変)

もし今現在PS5を遊んでいて、コントローラーに不自由や操作面での不満を感じているのでしたら是非「Voidコントローラー」の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です