【ベストバリュースタイル】安いのに多機能!スタイリッシュなゲーミングチェアをレビュー

こんにちは。

今回は株式会社もしも様が運営するブランド、『ベストバリュースタイル』のゲーミングチェアを提供していただいたのでレビューしていきたいと思います。

提供していただいてから約1カ月使用してのレビューとなります。

安くて多機能かつデザイン性に優れたゲーミングチェアをお探しの方は必見です!

ベストバリューフルスペックゲーミングチェア
ゲーミングチェアの概要

サイズ・・・幅64×高さ115~131×奥行70~125㎝
      座面高さ:45~55㎝
素 材・・・張地:合成皮革(PVC)
      本体・脚部:スチール
      内部:ウレタンフォーム
      肘掛部:ポリプロピレン
      キャスター:ポリウレタン
カラー・・・ブラック、ブラウン、ホワイト
耐荷重・・・約110㎏

大きさは一般的なゲーミングチェアより全体的にボリューム感があります。

見た目は、ゲーミングチェアということもあり、スポーティーなフォルムでありながらも、どんな部屋にも合いそうなスタイリッシュでオシャレなデザインです。

一万円台と魅力的なお値段なのに高級感があるのも嬉しいポイントです!

カラーは3種類展開されていて、紹介しているホワイト以外にブラウンとブラックが販売されています。

▲私が選んだホワイトは本当に真っ白で
部屋がパッと明るくなったような気がします(笑)

素材がPVCなので汚れてもサッと拭けてお手入れも楽々です!

まさにフルスペック!嬉しい機能と使用感

組み立ては簡単

こんな感じで一つ一つ梱包されて届きます。

組み立ては端折りますが説明書通りにやれば簡単です。

工具類も付いてくるので別途準備の必要はありませんでした。

組み立ては一人で写真を撮りつつ45分でしたので実際はもっと早くできるでしょう。

見た目が綺麗

ライトの関係で若干くすんで見えますが、実際はかなり真っ白です。脚の部分はステンレスになっていて高級感がありますね。

背面はこんな感じです。仕様上仕方ないですが、ベルトがちょっと微妙ですね。

自分に合った高さに!昇降機能付き

座面裏の右側に付いているレバーで、高さを45~55㎝まで調整することが可能です。

自分の身長やデスクの高さに合わせることができるので安心ですね。

使用感について

昇降する際はとてもスムーズで、何ら問題なく機能していますが、一つだけ気になった点が・・・。
座りながら昇降しようと椅子の下に手を伸ばすと、肘掛が腕の内側に擦れて痛くなります。
座面自体が割と幅広で肘掛も大きめなので、腕が短い方は昇降の際に若干大変かもしれません。
頻繁に昇降機能を使う方は注意しておきたいポイントです。

シーンで調節、リクライニング機能

昇降レバーの隣にはリクライニングレバーが付いており、背もたれを90°~130°まで調節することが可能です。

ゲームや仕事中は背面を起こした状態で、疲れて休憩したいときは130°まで倒せばちょっと横になるのに丁度よい角度になります。

使用した感想

こちらも昇降時と同様に動作に関してはスムーズで何も言うことはありません。
が、リクライニングレバーが昇降レバーと近い位置にあるので、やはり腕が擦れて痛いです(T_T)
それと欲を言えば180°までリクライニングできればよかったかなと思います。

リラックスしたいときに、フットレスト

収納式のフットレストは使いたいときに引き出すだけで使えるので、邪魔にもならずとても便利です。

リクライニングして休憩もよいですが、よりリラックスしたときはこのフットレストを使えば足を伸ばせるのでとても快適でおすすめです!

使用した感想

私は初めてフットレスト付きのチェアを使いましたが、なぜもっと早くフットレスト付きのチェアを使わなかったのか・・・後悔してなりません。
私のおすすめは、リクライニングなし+フットレストあり+肘掛+漫画です(笑)

作りもしっかりしていて、今のところ足を乗せてもグラグラしたり不安定なことはないですね。

クッション付き固定式肘掛

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC00405.jpg

こちらの肘掛は固定式で昇降できない仕様でリクライニング時に可動します。

クッションが付いているので長時間のデスクワークでも肘が痛くなりにくいですね。

使用した感想

これに関しては好みがはっきり分かれるかもしれません。

PCでマウスを使ってゲームをされる方にとっては上下左右に動かせたほうが使い勝手がいいのですが、デスクワークや読書などをするときは固定式でも問題ないかなと思います。

実際にこのチェアに座って動画編集やブログの執筆作業をしていますが、クッションが付いているのでマウスを操作する際に肘を置いていても痛くならずに快適でした。

また、デスクの高さが低いとひじ掛けがぶつかって椅子を収納できないので注意です。
床から肘置きの一番高い部分まで大体68㎝でしたので床から机の天板までの高さは事前に確認しておきましょう。

取り外し可能なヘッドレストとランバーサポート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC00413.jpg

どちらも取り外し&位置の調節が可能で、簡単に自分に合ったポジションに動かすことができます。

ヘッドレストの中身は綿で頭を優しく支えてくれ、ランバーサポートの中身はウレタンで腰をしっかり支えてくれます。

使用した感想

まずヘッドレストは柔らかくクッション性が高いのが良いと思いました。
ですが、普通に取り付けると位置が少し低めで方の位置にあるので、寄りかかる際はその都度首の位置に持ち上げるように調整が必要になってしまうのが残念です。

ランバーサポートは程よい硬さでいい感じです。
上下の可動域は広いので自分の好きな位置に調節できる点もよかったです。

高身長の方も安心の背もたれ高さ調節機能

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC00416.jpg

背もたれの高さを約3㎝の範囲で調節することができます。

身長の高い方でも安心ですね。

使用した感想

私はヘッドレストの位置をなるべく首に合わせたいのでギリギリまで高くしています。

公式では3cmの調整と記載されていましたが、実際に測ってみると9cmほどの調整は可能でした。

ただ、でかい背もたれをネジで締めこんで固定しているだけなのでかなりしっかり絞めないと下に落ちてきてしまうので注意が必要です。

ここはピンを差し込んで固定する方式のほうが良かったんじゃないかなと思いました。

ハイバックの背もたれに座り心地の良いバケットシート

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC00398.jpg

背もたれはハイバックで寄りかかることで腰から頭までしっかり支えてくれるので、首や肩の負担を軽減することができます。

バケットシートはお尻や肩を深く包み込んでくれるので固定機能がとても高いです。

使用した感想

シートは全体的に硬すぎず、柔らかすぎずで丁度良い硬さです。

こちらのチェアの耐荷重は110㎏とありますが、そこまで大柄な方だとこのバケットシートでは少し窮屈かもしれません。

1カ月使用してみて

これだけの機能に1万円台という激安っぷり!
総合的には満足していますが、何点か気になった点がありました。

ギシギシ音がする

座ったときや立ち上がったとき、寄りかかるときなど動くたびにギシギシと軋む音がしました。音もそこそこ大きく鳴ってしまうので結構気になりました。

キャスターが回ってない?

こちらのゲーミングチェアのキャスターは床を傷つけにくいPU製なのですが、まずフローリングで動かてみたところ、キャスターが回転せずただ床を滑っているだけでした。

畳の上で試してみると、キャスターは回転するのですが方向を変えたときに滑らかに回ってくれませんでした。畳の抵抗を感じるというか・・・

このクラスの椅子あるあるではありますが、キャスター内部のベアリングの精度が悪いのかもしれませんね。私は基本的に椅子は動かさずに使用するのでこのままで良いですが、フローリングでこまめに動かす方はキャスターを別途購入すると良いかもしれません。

まとめ

いくつか気になった点はありましたが、総合的にコスパは良い椅子だと思います。

特にゲーミングチェアのような大味な椅子が欲しいけどデザインがちょっと…と気兼ねしていた方にはぴったりだと思います。

ただ、ゲーム用途で使う場合だとひじ掛けの自由度が無い為、マウス操作に重きを置くFPSにはあまり向いていないので注意が必要です。(マウス操作側の肘を置かないなら問題ないです)

ベストバリューフルスペックゲーミングチェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です