PS4やりすぎて腱鞘炎に何回かなった話

みなさん!腱鞘炎になったことありますか?なった事ある方はドンマイ!まだの方は気を付けよう!

特にゲーマーの方!1度なると復活するまでが長いし日常生活でも痛いしで最悪です。本当に辛いので気を付けましょう!

今回の記事では私が腱鞘炎(おそらく)になった話しとそこから復活するまでの期間や予防法を書いていこうと思います。

そもそも腱鞘炎って何?

腱鞘とよばれる腱の周りをつつむ繊維が炎症を起こす事を言います。 日常生活や仕事等で特定の作業を繰り返し行い酷使する事で発症する事があります。

PS4のやりすぎが原因で腱鞘炎?

あれ~?なんか肘が痛いような怠いような?今までに経験したことのない微妙な痛さに襲われたのは毎日深夜までゲームをやり続けていた日の事でした。

ゲームが原因だろうと薄々感づいてはいましたが「まぁそのうち治るでしょ!」と高を括り腕の怠さを我慢しつつ適当に腕を冷やしながらゲームを続けました。

しかし数日経っても一向に良くなるどころか腕の痛みや怠さが増し、仕事にも支障が出るレベルになってきたのでゲームをしばらくお休みする事に。

その甲斐あってか痛みは1週間程でおさまり怠さもすっかりなくなりました。

再発

痛みが消えてから半年程経った頃でしょうか、肘を痛めた事などすっかり忘れ以前の様にひたすら深夜までゲームをしていると、再び肘に怠い痛い違和感が発生しました。

この時は前回の様に無理にゲームをせず回復に専念したので割とすぐに復活をしたのですが、結局数か月後の忘れた頃にまた再発。というのを何度か繰り返しました。

流石にこの地味な痛さにうんざりだったので、ゲームをプレイしている環境を見直す事に。

ゲームプレイの環境

当時は座椅子派だったのでローデスクにモニター置いて座椅子に座って太腿にコントローラーを乗せるように固定してプレイしてました。

その為肘が常に90°近くに曲がって浮いてしまい、肘に負担が掛かっている状態になっていました。

肘置き付きの座椅子に変更

肘置きに肘を置けるようになった事で肘への負担が格段に軽減されました。

実際に肘置きを使用するようになってからは、肘が痛んだり怠さを感じる事は無くなったので長時間のゲームでも快適にプレイ出来ています。

今現在は住まいが変わった事をきっかけに通常タイプのPCデスクと肘置き付きの椅子を使用していますが、やはり肘の痛みに悩まされたことは一度もありません。

さいごに

今回のお話はあくまでも面倒臭がりな私自身の勝手な見解であり、腱鞘炎と診断された訳ではありません。

私の様に肘に痛みが出た場合は素直に医者に掛かるのが確実です。というか医者に行きましょう。

ただ、長時間ゲームをする際の姿勢で体に負担が掛かっている場合は早めに対策を行うことで、腰痛や腱鞘炎などを予防する事が出来ますので、今現在同じような境遇の方は一度検討する事をおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です