PS5発売に向けて準備したいおすすめのヘッドセット&ヘッドホンまとめ

https://gaming-gadget.com/wp-content/uploads/2019/07/kid_job_boy_gamer.png

新しいヘッドセットかヘッドホンが欲しいな♪
そういえばPS5の発売も間近に迫ってるし、せっかくだからPS5でも使えるハイスペックなヘッドセットかヘッドホンが知りたいな

120FPSでの駆動が可能だったり8Kや3Dオーディオに対応したりとなにかと高機能なPS5ですが、せっかくのハイスペックなPS5を買ったとしてもそれを活かせる周辺機器が揃っていないのは非常に勿体ないですよね。

「PS5を買ったのはいいけどしっかりしたヘッドセットもモニターもねぇ!」
なんてことにならないように事前に準備しましょう。

https://gaming-gadget.com/wp-content/uploads/2019/06/IMG_1953.jpg

先に言っておくとこの記事ではメーカー不明な安物ヘッドセットは紹介していません。
本当に良い物のみを厳選して紹介しています。

モニターに関しては過去にまとめていますので↓の記事を参考にしてみてください。

【4Kは不要?】PS5の120FPSに対応できるおすすめの144Hzゲーミングモニターまとめ

3Dオーディオに関しては通常のTVのスピーカーやヘッドホンであっても立体的に表現可能で、PSVRにもあった立体音響以上の性能に期待ですね。

コチラのサイトで3Dオーディオの収録方法等が解説されているので気になる方は見てみてください。https://corporate.wowow.co.jp/features/content/3879.html

ただひとつ注意点として、FPSやTPS等の敵の位置や行動が重要となるゲームにおいては3Dオーディオは必要ないと私は思っています。
私が言いたい事は↓の記事にて全て書かれているので参考にしてみてください。
https://tech-camp.in/note/technology/24162/#VR_3D

結局のところは3Dオーディオ対応であっても高品質なヘッドセットやヘッドホンを準備すればOKなのでそこまで気にする必要はないんですけどね。

PS5発売に向けて準備したいおすすめのヘッドセット&ヘッドホンまとめ

ゼンハイザー GSP 600(密閉型)

もはやFPS界のレジェンド。その界隈では知らない人はいないんじゃね?という程に有名且つハイスペックなヘッドセットです。
フォートナイトで有名なプロゲーマー「ネフライト」さんもGSP600を使用していますね。

密閉型なのでFPSにおいて特に重用な足音やリロード音を聞く事に特化しているだけでなく、マイクは非常にクリアかつブームの跳ね上げでミュートが可能だったりと機能面でも優れています。

音質良しマイク性能良しなヘッドセットって本当に少ないので、そこだけ見ても買う価値ありますよ。

ゼンハイザー GSP 500(開放型)

基本性能はGSP600と変わりないですが、大きく違う点は開放型であるという事。開放型なので周囲の生活音が聞こえるようになります。
密閉型のように完全に音をシャットアウトしたくない場合はコチラを選択しましょう。

また、活舌が悪い方は開放型を選ぶ事で自分の声が聞こえるようになり、かなり喋りやすくなるメリットもあります。

その他にもGSP500の場合は開放型故に音の抜けが良く音楽鑑賞や映画鑑賞といった用途にも向いているので、多様性といった面ではGSP600よりも優秀ですね。

HyperX Cloud II(密閉型)

値段は先ほど紹介したGSP600.500に比べて安いですが、性能やコスパの良さからプロゲーマーの使用率ぶっちぎりの1位なHyperX Cloud IIは一般プレイヤーの使用率もかなり増えています。

Amazonでは評価数が1万を軽く超えていますが、それでいて☆4つ(執筆時点で)キープしているのは如何にこのヘッドセットが優れているかの証明にもなるでしょう。

ドライバーは大型の53ミリ径でしっかり鳴らしてくれます。音質は全体的にクリアで若干低音が強めな傾向です。マイクの音質は非常にクリアで取り外しも可能となっています。

ゼンハイザー HD 599 SE(開放型)

ヘッドホンはマイクが付いていない分、同じ値段のヘッドセットと比較すると音質は高くなります。

ただ、ゲーミングヘッドセットは基本的にゲームで使用する事を想定して作られているので一つ一つの音がくっきり聞こえるように作られている(ものが多い)のでどこで足音が鳴っているのかリロードをしたのか武器を変えたのかを判別できるようになっています。

このHD599SEはゲーミング用途として作られたヘッドホンではありませんが、一つ一つの音が非常にクリアで聞きとりやすく、有名メーカーであるゼンハイザー製という事も相まってゲーム用途として使用する方が非常に多いヘッドホンです。

私も実際にMIXAMPと組み合わせてPS4にて使用していますが、装着感も言うこと無しで何より重量が255gと非常に軽いので長時間使用しても全く疲れないです。ベロア生地のイヤーパッドは付け心地が良く蒸れにくいです。

まだPS5用のMIXAMPなどのアンプに関する情報はありませんが、今後間違いなく出てくるので心配ないでしょう。

【ゼンハイザー】音質と実用性を兼ね備えた最高のゲーミングヘッドホンHD599SEレビュー

↑HD599SEのレビュー記事になります。

beyerdynamic DT 990 PRO

人気ストリーマーのninja氏やTOPユーチューバーのヒカキン氏が使用していた事で広く知れ渡ったヘッドホンがDT990PROですね。

以外にも15000円前後(執筆時点)で購入可能で非常にコスパが良く、HD599SE同様にMIXAMPとの併用で使用するユーザーが非常に多いですね。

抵抗値が高いのでアンプは必須ですが、このヘッドホン自体が比較的安めなのでそこまで痛手ではないでしょう。

さいごに

「PS5発売に向けて準備したいおすすめのヘッドセット&ヘッドホンまとめ」という事で、高性能なヘッドセットやヘッドホンをメインにご紹介させていただきました。

基本的にはどれを買っても後悔はしないレベルで良い物なので、自分の使用用途に応じて買う物を検討してみてください。

書き忘れてましたが、ヘッドホンを使用しつつVCを行いたい場合には別途マイクを購入する事で対応可能です。

参考までに私が使っているコンデンサーマイクのレビュー記事を載せておきますのでヘッドホンの購入を検討している方は参考にしてみてください。

【マランツ】PS4やスイッチで使えるスタンド付きコンデンサーマイクPOD PACK 1をレビュー【激安】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です